アイアン・メイデン

曖昧さ回避 この項目では、ヘヴィメタル・バンドについて説明しています。その他の用法については「アイアンメイデン (曖昧さ回避)」をご覧ください。
アイアン・メイデン
IronMaidenO2 270517-24 (34145654484).jpg
  • UK・ロンドン公演(2017年5月)
  • Iron Maiden Logo.png
  • バンド ロゴ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル
活動期間 1975年 -
レーベル
公式サイト Iron Maiden.com
メンバー
旧メンバー 別記参照

アイアン・メイデン: IRON MAIDEN)は、イングランド出身のヘヴィメタル・バンド。

世界で最も著名なHR/HMバンドの一つ。1980年代初頭にイギリスで発生したヘヴィメタルの潮流「NWOBHM」(New Wave Of British Heavy Metal)の代表格として、ブームの一翼を担い地位を確立。1990年代末からラインナップが安定し、21世紀に入ってもなお精力的に活動している。アルバムの総売り上げは、1億枚以上を記録[4]。バンド名は、中世ヨーロッパの拷問器具「鉄の処女」に由来する。

バンド公式の日本語転写は無いが、日本国内盤を販売した東芝EMIが定める「アイアン・メイデン」と本項では記述する。

来歴

ポール・ディアノ期

1980年デビュー当時
  • 1975年(1976年と記述されている資料もある[5])、ロンドンスティーヴ・ハリス (B) が中心となり結成される。結成当初は頻繁にメンバーチェンジを繰り返していたが、1978年ポール・ディアノ (Vo) 、デイヴ・マーレイ (G) 、ドウグ・サンプソン (Dr) が加入することで、メンバーが安定。このメンバーで、最初のデモテープを録音する。
  • 1979年、二人目のギタリストとしてトニー・パーソンズを迎え、12月にメジャーレーベルEMIと契約する。メジャー契約後すぐに、健康上の理由でドウグが脱退し、トニーも同時に脱退するも、クライヴ・バー (Dr) 、デニス・ストラットン (G) が加入する。
  • 1980年1月に1stシングル「ランニング・フリー - Running Free - 」を、4月に1stアルバム『鋼鉄の処女 - Iron Maiden - 』をリリース。その後、デニス・ストラットン (G) に変わりエイドリアン・スミス (G) が加入。
  • 1981年、2ndアルバム『キラーズ - Killers - 』発表後、ヴォーカルのポール・ディアノが脱退。後任としてサムソンのブルース・ディッキンソンを迎える。

ブルース・ディッキンソン期

ブルース・ディッキンソン(Vo) 加入初期 (1982年)

ブレイズ・ベイリー期

ブレイズ・ベイリー(Vo) 2005年

その後、ヘヴィメタル停滞という時代の流れなどにより、バンドの活動はスケールダウンしたため、ソロ活動に行き詰まっていたブルース・ディッキンソン、エイドリアン・スミスにオファーをし1999年に再加入。それにしたがってブレイズが脱退する形となった(マネジメントはサンクチュアリで残った)。これにより、バンドはトリプル・ギターの全6人編成になる。

リユニオン期

  • 2000年、12thとなる『ブレイヴ・ニュー・ワールド - Brave New World - 』をリリース。
  • 2002年、13thアルバム『死の舞踏 - Dance Of Death - 』をリリース。
  • 2006年、14thアルバム『ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス〜戦記 - A Matter Of Life And Death - 』をリリース。
  • 2008年2月にパシフィコ横浜幕張メッセでの来日公演が開催され、初期〜中期の曲を中心に演奏した。幕張メッセでのライブは、バンドの日本では初のオールスタンディングのライブとなった。このセットリストはワールドツアーの特別なものだったが、同年にドイツのメタルフェス「ヴァッケン・オープン・エア」で特別ゲストとしてこのセットリストで出演。ヴァッケンの初日のトリを務めた。
  • 2010年、15thアルバム『ファイナル・フロンティア - The Final Frontier - 』をリリース。本国イギリスを含む世界28ヶ国で第1位を獲得した[7]
  • 2011年3月12・13日にはさいたまスーパーアリーナでの来日公演が予定されていたが、東日本大震災の影響により中止となった[8]
  • 2015年、5年ぶり2枚組の16thアルバム『魂の書〜ザ・ブック・オブ・ソウルズ〜 - The Book of Souls - 』を世界同時リリース[9]。2連続での全英1位、オリコンの洋楽チャートとデイリーチャートで1位を記録。
  • 2016年4月20日と21日に東京両国国技館にて、2008年以来8年ぶりの来日公演開催が実現。オープニングアクトには、スティーヴの息子ジョージ・ハリスの在籍バンドTHE RAVEN AGEが出演した[10]
  • 2018年、久しく疎遠だった楽曲のプレイを主体とするワールドツアー「Legacy Of The Beast」を開催[11]
  • 2021年、日本の侍をモチーフにした6年ぶり2枚組の17thアルバム『戦術 - Senjutsu - 』を発表[12]。全米チャートでは歴代最高位となる3位を記録した[13]

21世紀も精力的に活動中である。メンバーチェンジの多いバンドとしても知られるが、ブルースとエイドリアンの復帰以降は10年以上同じメンバーで安定している。現在のメンバー構成での活動期間が、トータルでも連続でもアイアン・メイデン史上最も長い。

サウンド面での特徴

1980年デビュー当時。左ポール・ディアノ(Vo) 右スティーヴ・ハリス(B)

初期にはハードロックに強く影響されながらも、ディアノの歌唱法のようにパンク・ロックの荒々しさを取り入れたサウンドを身上としており(ポールはパンクのサウンドや精神への愛を語っている[14]。一方で、スティーヴ・ハリスはパンクを嫌っており、影響を明確に否定している)、NWOBHMの黎明期からシーンの牽引力として同時期の代表格バンドとなった。 3rdアルバム『魔力の刻印 - The Number Of The Beast - 』では、前任者よりはるかに広い声域を持つヴォーカリストのブルース・ディッキンソンが加入し、メロディアスかつ整合性を重視する傾向が強まった。以降はパンクの要素が減少し、流麗なギターワークを主軸とした音楽性が固定化した。2000年代からはデイヴ・エイドリアン・ヤニックら、看板ギタリスト三人が揃い踏みとなった編成でよりヘヴィなサウンドとなっている。

プレイにおける特徴としては、まずベースがアンサンブルを牽引する、ないしベースが中核として構築される特異なスタイルが挙げられる。強力な2フィンガー奏法によるペンタトニックスケールを基本としたフレーズ3連譜を主体とするソロによって組み立てられたスティーヴのプレイは後述するギターの構成の補強のみならず、スティーヴ自身の存在感を強くアピールしている。ギターにおいては音数多く刻まれる硬質なリフや、叙情的で勇壮なツイン・リードのコンビネーションなどが総ての時代を通じての特徴であり、時に過剰なほどにインタープレイが盛り込まれもする(必然的にリフを担当するプレイヤーが不在となるため損なわれる低音の音圧をスティーヴが補うことで可能となる)。ヘヴィメタルの性質上総じてアップテンポな楽曲が多い反面、リーダーでメイン・ソングライターのスティーヴがイエスやジェネシスやジェスロ・タルといったプログレッシヴ・ロックのファンであることを公言しており、影響も受けていることから、複雑な展開と動静の変化を盛り込んだ長尺の楽曲も多い。そうした独特の音楽性ゆえ、ラッシュやカンサスらプログレッシヴ・ハードロックとは別個に、後輩のメタリカなどと同様にプログレッシブ・メタルの源流のひとつとされることもある。

逆に『第七の予言 - Sevens Son Of A Sevens Son - 』以降のアルバムにおいては、歌詞の面で同じフレーズを多用するようになり、歌詞の長さが短くなる傾向にある。

エディ

エディ・ザ・ヘッド(Eddie the Head、通称エディ)はデビュー時からのバンドのキャラクターであり、アルバムやシングル盤のジャケットにデビュー時から常に登場する。またライヴのステージ上に巨大なエディが出現することもある。ゾンビであり、『死霊復活』のジャケットに描かれた墓碑銘には"Edward T.H."とある。過去には凍結されたり、復活したり、ピラミッドになっていたり、宇宙へ向かったりしたこともある。作者はイギリス人アーティスト、デレク・リッグス

エディは、2008年にワールドツアー用にチャーターされたアストライオス航空ボーイング757垂直尾翼にペイントされた。そのB757を同社の操縦士でもあるディッキンソンが自ら操縦している。同機は"エアフォースワン"に掛けて"Ed Force One"と呼ばれた。機材が重くなったので、2016年にはボーイング747-400(ジャンボジェット)の改造機に交替している[15]

メンバー

※2021年7月時点

現ラインナップ

  • ブルース・ディッキンソン (Vo) 2014年

    ブルース・ディッキンソン (Vo) 2014年

  • スティーヴ・ハリス (B) 2010年

    スティーヴ・ハリス (B) 2010年

  • デイヴ・マーレイ (G) 2008年

    デイヴ・マーレイ (G) 2008年

  • エイドリアン・スミス (G) 2010年

    エイドリアン・スミス (G) 2010年

  • ヤニック・ガーズ (G) 2010年

    ヤニック・ガーズ (G) 2010年

  • ニコ・マクブレイン (Ds) 2008年

    ニコ・マクブレイン (Ds) 2008年

ライヴサポート
  • マイケル・ケニー (Michael Kenney) - キーボード (1986年 - )

旧メンバー

  • ドウグ・サンプソン (Doug Sampson) - ドラムス (1978-1979)
  • ポール・ディアノ (Paul Di'Anno) - ボーカル (1978-1981)
  • トニー・パーソンズ (Tony Parsons) - ギター (1979)
  • デニス・ストラットン (Dennis Stratton) - ギター (1980)
  • クライヴ・バー (Clive Burr) - ドラムス (1980-1982) ♰RIP.2013
  • ブレイズ・ベイリー (Blaze Bayley) - ボーカル (1994-1998)

アルバムごとの編成

担当楽器 アルバム
鋼鉄の処女
(1980)
キラーズ
(1981)
魔力の刻印
(1982)
頭脳改革
(1983)
パワースレイヴ
(1984)
サムホエア・イン・タイム
(1986)
第七の予言
(1988)
ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング
(1990)
フィア・オブ・ザ・ダーク
(1992)
X ファクター
(1995)
ヴァーチャル・イレヴン
(1998)
ブレイヴ・ニュー・ワールド
(2000)
死の舞踏
(2003)
ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス〜戦記
(2006)
ファイナル・フロンティア
(2010)
魂の書〜ザ・ブック・オブ・ソウルズ〜
(2015)
戦術
(2021)
ボーカル ポール・ディアノ ブルース・ディッキンソン ブレイズ・ベイリー ブルース・ディッキンソン
ギター デイヴ・マーレイ
ギター デニス・ストラットン エイドリアン・スミス ヤニック・ガーズ
ギター N/A エイドリアン・スミス
ベース スティーヴ・ハリス
ドラムス クライヴ・バー ニコ・マクブレイン
キーボード N/A マイケル・ケニー マイケル・ケニー & スティーヴ・ハリス スティーヴ・ハリス

一覧表


ディスコグラフィ

詳細は「アイアン・メイデンの作品」を参照

ここに記した他、ライブ盤やコンピレーション、ボックス・セットが存在する。

スタジオアルバム

タイトル(邦題) タイトル(原題) 認定
1980 鋼鉄の処女 Iron Maiden 4 - イギリス: Platinum
カナダ: Platinum
ドイツ: Gold
1981 キラーズ Killers 12 - イギリス: Gold
アメリカ: Gold
カナダ: Platinum
ドイツ: Gold
スウェーデン: Gold
1982 魔力の刻印 The Number Of The Beast 1 150 イギリス: Platinum
アメリカ: Platinum
カナダ: 3×Platinum
ドイツ: Gold
1983 頭脳改革 Piece Of Mind 3 70 イギリス: Platinum
アメリカ: Platinum
カナダ: 2×Platinum
ドイツ: Gold
1984 パワースレイヴ Powerslave 2 21 イギリス: Gold
アメリカ: Platinum
カナダ: 2×Platinum
ドイツ: Gold
1986 サムホエア・イン・タイム Somewhere In Time 3 11 イギリス: Gold
アメリカ: Platinum
カナダ: Platinum
ドイツ: Gold
1988 第七の予言 Seventh Son Of A Seventh Son 1 12 イギリス: Gold
アメリカ: Gold
カナダ: Platinum
ドイツ: Gold
1990 ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング No Prayer For The Dying 2 17 イギリス: Gold
アメリカ: Gold
カナダ: Gold
1992 フィア・オブ・ザ・ダーク Fear Of The Dark 1 12 イギリス: Gold
アメリカ: Gold
1995 X ファクター The X Factor 8 147 -
1998 ヴァーチャル・イレヴン Virtual XI 16 124 -
2000 ブレイヴ・ニュー・ワールド Brave New World 7 39 イギリス: Gold
ブラジル: Gold
カナダ: Gold
スウェーデン: Gold
2003 死の舞踏 Dance Of Death 2 18 イギリス: Gold
ブラジル: Gold
ドイツ: Gold
スウェーデン: Gold
2006 ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス〜戦記 A Matter Of Life And Death 4 9 イギリス: Gold
ブラジル: Gold
カナダ: Gold
スウェーデン: Gold
2010 ファイナル・フロンティア The Final Frontier 1 4 イギリス: Gold
2015 魂の書〜ザ・ブック・オブ・ソウルズ〜 The Book of Souls 1 4 イギリス: Gold
2021 戦術 Senjutsu 2 3

売上枚数

アメリカでのアルバム販売枚数の10位までを記す。
(アメリカSoundScan社集計による)

  1. 死霊復活 - Live After Death (1985年、558,578枚)
  2. フィア・オブ・ザ・ダーク - Fear Of The Dark (1992年、421,786枚)
  3. 魔力の刻印 - The Number Of The Beast (1982年、357,463枚)
  4. 頭脳改革 - Piece Of Mind (1983年、347,400枚)
  5. パワー・スレイヴ~死界の王、オシリスの謎~ - Powerslave (1984年、299,022枚)
  6. サムホエア・イン・タイム - Somewhere In Time (1986年、291,420枚)
  7. ブレイヴ・ニュー・ワールド - Brave New World (2000年、282,460枚)
  8. ベスト・オブ・ザ・ビースト (ベスト盤) - Best Of The Beast (1996年、251,112枚)
  9. 第七の予言 - Seventh Son Of A Seventh Son (1988年、218,056枚)
  10. ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング - No Prayer For The Dying (1990年、213,745枚)

ヒットチャート

イギリスでの年間ヒットチャートの第1位を記す。
(イギリスThe Official UK Charts Company調べによる)

アルバム
  1. 魔力の刻印 - The Number Of The Beast (1982年、2週TOP)
  2. 第七の予言 - Seventh Son Of A Seventh Son (1988年、1週TOP)
  3. フィア・オブ・ザ・ダーク - Fear Of The Dark (1992年、1週TOP)
  4. ファイナル・フロンティア - The Final Frontier (2010年、1週TOP)
  5. 魂の書〜ザ・ブック・オブ・ソウルズ〜 - The Book Of Souls (2015年、1週TOP)
シングル
  1. Bring Your Daughter To The Slaughter (1991年、2週TOP)

日本公演

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Phillips & Cogan 2009a, p. 117.
  2. ^ a b Weber, Barry. Iron Maiden Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2021年9月1日閲覧。
  3. ^ Daniels, Neil (2016). Iron Maiden – Updated Edition. Voyageur Press. p. 23. ISBN 0-7603-5254-2 
  4. ^ "Bruce Dickinson: 'Iron Maiden's Bruce Dickinson - a man child in satan's sweet shop'". The Sunday Times.
  5. ^ a b IRON MAIDEN (アイアンメイデン)のプロフィールローソンネットショッピングロッピー
  6. ^ IRON MAIDEN公式サイト・バイオグラフィー
  7. ^ アイアン・メイデン、15枚目の新作『ファイナル・フロンティア』が初登場1位 - RO69
  8. ^ IRON MAIDEN公式サイト・THE FINAL FRONTIER WORLD TOUR 2011記念企画!!
  9. ^ IRON MAIDEN 待望の新作が遂に発売! - HMV
  10. ^ IRON MAIDEN、8年振りとなる来日公演が4/20-21に両国国技館にて開催決定! - 激ロック
  11. ^ “アイアン・メイデン、新ツアー<Legacy Of The Beast>開幕”. BARKS (2018年5月29日). 2018年5月30日閲覧。
  12. ^ “アイアン・メイデン、9月にニュー・アルバム『戦術』リリース”. Barks (2021年7月20日). 2021年7月21日閲覧。
  13. ^ “アイアン・メイデン、最新作で全米アルバム・チャートにおいて史上最高位を記録”. NME JAPAN (2021年9月13日). 2021年9月29日閲覧。
  14. ^ “ポール・ディアノ 独占インタビュー”. WARD LIVE MEDIA PORTAL (2020年5月14日). 2022年9月5日閲覧。
  15. ^ “アイアン・メイデンの航空機、地上移動中に損傷 チリで足止め”. AFPBB News (2016年3月13日). 2016年3月15日閲覧。

参考文献

  • “Robert Plant, Freddie Mercury, Axl Rose, Ian Gillan Among 'Greatest Voices in Rock'”. Blabbermouth.net. (2008年1月2日). http://www.blabbermouth.net/news/robert-plant-freddie-mercury-axl-rose-ian-gillan-among-greatest-voices-in-rock/ 2021年9月1日閲覧。 

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、アイアン・メイデンに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
  • 公式ウェブサイト(英語)
  • Iron Maiden / アイアン・メイデン|Warner Music Japan
  • sonymusic.co.jp
  • Iron Maiden - YouTube(英語)
  • Iron Maiden - Spotify(英語)
  • Iron Maiden (@IronMaiden) - Twitter(英語)
  • Iron Maiden (@ironmaiden) - Instagram(英語)
  • Iron Maiden (ironmaiden) - Facebook(英語)
アイアン・メイデン
ブルース・ディッキンソン | スティーヴ・ハリス | デイヴ・マーレイ | エイドリアン・スミス | ヤニック・ガーズ | ニコ・マクブレイン
ポール・ディアノ | ブレイズ・ベイリー | デニス・ストラットン | トニー・パーソンズ | クライヴ・バー | ドウグ・サンプソン
スタジオ・アルバム
ライヴ・アルバム

死霊復活 | ア・リアル・ライヴ・ワン | ア・リアル・デッド・ワン | モンスターズ・オブ・ロック 1992 | ライヴ・アット・ロック・イン・リオ | デス・オン・ザ・ロード | フライト666 ジ・オリジナル・サウンドトラック

コンピレーション・アルバム

ベスト・オブ・ザ・ビースト | エド・ハンター | 偉大なるエディ 〜 グレイテスト・ヒッツ | エッセンシャル・アイアン・メイデン(CD-BOX) | 時空の覇者 Somewhere Back In Time

関連人物・項目
典拠管理 ウィキデータを編集
全般
  • 統合典拠ファイル(ドイツ)
  • ISNI
    • 1
  • VIAF
    • 1
  • WorldCat
国立図書館
  • ノルウェー
  • フランス (データ)
  • アメリカ
  • チェコ
その他
  • MusicBrainz アーティスト
  • SUDOC(フランス)
    • 1